ドライハーブで化粧水

今日はおうちで簡単に作れる手作り化粧水のお話。
基本情報も載せつつ、アレンジバージョンを☆

基本は精製水・エタノール(高度数アルコール)と精油、
保湿効果のためのグリセリンをガラス瓶の中で混ぜて完成。
(参考:80ml およそたっぷり1か月分を作る場合)
精製水 70ml
無水エタノール 5ml(アルコール度数40度以上のウオッカ等も可)
グリセリン 5ml
精油 3-14滴

ガラス容器に(ビーカー等)、無水エタノール・精油を入れ混ぜ、さらに
精製水・グリセリンの順に都度混ぜながら
加える。
化粧ボトル(ガラス製が望ましい)に移して完成

*化粧ボトルは煮沸消毒したものが望ましい
(カビ等繁殖を抑える効果)

⇒ 煮沸消毒:鍋に『水』をはり、化粧ボトルを入れる。ボトルの中にしっかり
水を入れた状態で火にかけ沸騰したら3分ほど煮沸。
熱いうちに清潔な布巾等の上にボトルを上げ自然乾燥。

敏感肌の方は、
無水エタノール5ml⇒キャリアオイル(ホホバ油等手作り化粧用オイル)1ml
に替えて、精製水を4mlプラス(74mlにする)に。
基本なので、すべて増減してご自分にあった使い心地を見つけてね☆

では本日の本題。
★アレンジバージョン with ドライハーブ★
精製水を使ってドライハーブを煮出したものを使うバージョンです。

濃いハーブティーを化粧水にするって感じです。
上記の参考例をハーブウォーターに替えてみると。。。

精製水 70ml+60ml(←ティーパックや茶葉に吸われてしまう分を追加)
無水エタノール 5ml(アルコール度数40度以上のウオッカ等も可)
グリセリン 5ml
精油 3-14滴
ドライハーブ 大さじ1

精製水130mlを沸かし、そのお湯にドライハーブ(ティーバック詰め)を入れて
蓋をし15分ほど蒸らす。
ティーバックを取り出して、冷ましたものを使って化粧水を製作。

使用期限は1か月まで。
傷みやすいので夏場は冷暗所で保管下さい。

なぜ、これを始めたかというと、カモミールを濃く煮出してお風呂に入れると
筋肉痛や諸症状にいい。という記事をネットで見かけたから。
フローラルウォーターを化粧水にしたりするし、、、いいかも!と調べてみると
ドライハーブを煮出した水で化粧水にしてる例がありました。
私は精製水を単純に煮出した水に替えてますが、ご興味のある方は、
『ハーブウォーター』とか『ハーブ 化粧水』とかで検索されると良いかも(^^)
それぞれのハーブの持つ特性を生かして本格的に作られてみても。
ちなみに私はカモミールを使ってます。単純にカモミールティーが好きなのと、
カモミール精油を化粧水に使用したいけど高価なので、多少なり代用になら
ないかな・・・という期待も込めて。
*フローラルウォーターは、精油を蒸留する過程でうまれる蒸留水です。
ティーポットで作ると、そそぎやすくていい感じです。
写真参考までに。(耐熱プラスティックの計量カップで最初作ってましたが、
今はティーポットに作って、それからビーカーで混ぜてます)

IMG_1114 IMG_1115

広告