精油を安心・安全に使用しよう

精油は植物の香りを抽出したもの。
100%天然、自然の産物ですが
その成分は自然の状態より【高濃度】。
だから、注意しなければならないことがあります。

保管
使用
特定の方
(お年寄り、既往症のある方、敏感な方、妊婦さん、子供さん)

以上3点の注意点についてお話します

★保管の注意

火気 引火性があるので火の近く、高温の場所は避ける
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
引火したら
消火器または毛布等で空気を遮断して消火する
!!高温の状態で火を近づけると引火する場合あり。水をかけない!!
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
水(湿気) 化学反応により変質するものがあるので避ける
紫外線、空気 劣化の原因となるので避ける
原液に触れないよう子供さん、ペットの手の届かないところへ

製造時より成分変化が始まります。しっかり蓋をして
『冷暗所』で保管してください
* ただし冷蔵庫は避けましょう
外気温との差で結露し変質・劣化の原因となる可能性があります

精油の使用期限は 開封後1年
柑橘系の精油は 半年

期限を過ぎたものは肌に使用したり香りを楽しむことは避けましょう。
お掃除に使うことは可能なので有効活用してくださいね☆

★使用の注意

原液が肌に付かないようにする
飲用しない、目に入れない
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
肌に付いたら
すぐに大量の水でよく洗う。
異常の出た場合はただちに医師に相談
原液を口に入れてしまったら
大量の水で口をすすぐ。
飲み込んだ場合、吐かせることは厳禁。ただちに医師に相談
!! 精油を吐かせることは、一度やけどを負った食道に再度
やけどさせる恐れが高いため、絶対に禁止!!
目に入ったら
大量のきれいな水で目を洗い、すぐに医師に相談
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

精油は通常1%以下(顔使用の場合0.5%以下)に希釈して使用します
また、肌に使用する場合はパッチテストを必ず行いましょう

→パッチテスト方法
1.使用する精油を使用する濃度で希釈し、腕の内側へ1円玉大塗布
2.その上に絆創膏やガーゼをあて、24時間置く
⇒赤みやかゆみなど異常がなければ使用O.K.

★特定の方への注意

お年寄り、既往症のある方、敏感な方
香りに反応しやすいことがあるので、最初は半量から使用し、
問題なければ徐々に増やして、通常量で使用可です。
妊婦さん
体質変化、過敏となるので、最初は半量から使用ください。
それまで問題なく使用していた香りでも異変を感じた場合は
使用を中止してください。
また、精油によっては通経作用や、女性ホルモン様の成分を含有する
ものがあるので購入される前に使用可能か販売店へ確認ください。
子供さん
2歳以下のお子さんへは芳香浴のみとし、希釈していても肌に
触れる使用は避けましょう。
また、中学生以下のお子さんは通常量の半分を最大量とし、最初は
1/10程度からの使用としましょう。

健康な方を含め、いづれの方も異常や不快感を感じた場合はただちに
使用を中止してください

 

精油には個別に使用注意が必要なものもあるので、
こちらのページもご参考にのぞいて下さい★