香りのちから

少し小難しい話になるけれど。

5感(嗅覚、視覚、聴覚、味覚、触覚)は大脳の新皮質という神経細胞の
集まりで処理されて認識するのだけど、この中で1つだけ、他の感覚器とは違う
ルートで新皮質に到達するものがある。
それは嗅覚。
嗅覚への刺激(香り)は旧皮質という場所を経由してから新皮質に到達する。
旧皮質は原始的な、野性的な本能行動を司る部分で、そこを経由する嗅覚は
最も本能的感覚器といえる。
旧皮質には記憶を司る海馬、気持ち良いとか怖いといった情動を司る扁桃体が
位置するため、香りが新皮質に到達して「それが何か」を認識する前に、
「昔嗅いだ事がある」とか「懐かしい」、「いいニオイ」というような記憶や感情
が湧き上がってきたりする。

また、旧皮質は自立神経をコントロールする視床下部、ホルモン分泌の中枢
である下垂体に連結しているので、香りの刺激が身体の調節に作用しやすい
ともいわれている

香りは
原始の時代からおそらく最もずっと私たちが頼りにしてきた
奇跡のちから。

今、ローズマリーの香りが認知症に有効だとして注目されている。
それは不思議なことじゃないって納得できる。

広告